AED導入で評判のAEDリース・レンタル会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

サニクリーン

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/09/06

【詳細】
会社名:株式会社サニクリーン
住所:東京都中央区日本橋二丁目11番2号-20階
TEL:03-3276-7271

AED需要に伴い、様々な企業がAEDレンタル、リースサービスを始めました。しかし、万一の事態で焦らず誰でも使用できるAEDでなければ意味がありません。そこで、今回は誰でも簡単に操作できるオムロン社製のAEDのレンタルサービスを行っているサニクリーンの特徴について紹介していきます。

初めてでも安心の簡単操作

サニクリーンでは初めて使用する人でも簡単に使えるようにオムロン社製のAEDを取り扱っています。誰でも簡単に操作できるAEDは見やすい大きなパネルに分かりやすく書かれたアイコンが表示されています。そして、操作に必要なボタンは電源ボタンとショックボタンの2つだけです。2つのボタンのみで構成されているため、誰でも迷うことなく万一の事態でも落ち着いてAEDを使用することが可能です。

さらに、内蔵されているスピーカーからは音声によるガイダンスが流れ、パネルにはLEDランプが点滅して、次のどのような操作をすれば良いかを教えてくれるのが特徴です。誰でもAEDが使えるようになり、AEDの設置が普及すれば多くの命を助けることができます。

たとえば、救急車が到着するのは全国平均で8.6分以上となっています。しかし、心停止から3分経過すると脳の回復が難しいと言われています。そのため、近くにAEDがあれば、すぐに電気ショックを流すことができ、生存退院率を上げることが可能なのです。

AEDの設置が増え、誰でもAEDを使えるようになれば、多くの人を助けることができます。そのため、サニクリーンでは初めての方でも簡単に使えるように操作がわかりやすいオムロン社製のAEDのレンタルサービスを行っています。

また、AED自体が小型で軽量に設計されているため、重量は1.1kgしかありません。さらに、耐衝撃性、耐振動性にも優れおり、米国軍用規格もクリアしていて、万一の衝撃でもしっかりと使用できるのが特徴です。そして、防塵性能および防水性能にもすぐれており、高水準のIP56規格をクリアしています。

電極パッドとバッテリーを無償で交換

AEDは定期的に交換が必要な消耗品があります。たとえば、電極パッドについてはは使用期限が設けられているため、3年毎に交換する必要があります。また、万一の事態の時、AEDを使用すると、電極パッドの再利用はできません。したがって、新しい物に交換する必要があります。しかし、サニクリーンでは電極パッドの無償交換サービスを実施しています。使用期限が切れる前に新しいものと無償で交換してくれるため、安心してAEDを設置することができます。

また、バッテリーについても無償で交換してくれるのが特徴です。バッテリーは別名、除細動パッドパックとも呼ばれており、定期的に交換する必要があります。通常であれば交換費用が高額になってしまい、AEDの導入のハードルを高めてしまっているのが現状です。しかし、サニクリーンではバッテリーを期限が来る前に無償で交換してくれるため、交換の心配がいりません。

ただし、交換時期をいちいち覚えていられないという方も多いと思います。そこで、サニクリーンでは日常点検はもちろん、交換時期についてもしっかりと連絡してくれるため、交換を忘れることはありません。サニクリーンの専任スタッフによって定期点検のサポートを行ってくれるため、AED管理者またはAED導入担当者の負担を大幅に軽減できます。

電気ショックを最適化

サニクリーンで取り扱っているAEDは独自技術で電気ショックを最適化している画期的なシステムを搭載しています。最先端のテクノロジーである「SCOPEハイゲージック技術」を搭載しており、電気ショックが必要かどうかを自動で瞬時に判断することが可能です。

さらに、段階的に上昇するエネルギーの波形によってAEDが必要な傷病者のインピーダンスの違いを瞬時に認識し、自動的に電気ショックを効率化させることが可能です。また、AEDによる電気ショックを行った後、回復が見られない場合はエスカレーション電気ショックを行うように設定されているのが特徴です。

エスカレーション電気ショックとは1回目および2回目の電気ショックで傷病者の回復が見られない場合は電気ショックのエネルギーを大きくする方法です。エスカレーション電気ショックを行う際、AEDに搭載されたSCOPEハイゲージック技術によって自己補正波形という二相性の波形を出力します。

そして、AEDから出力された二相性波形は傷病者のインピーダンスに応じて自動的に電気ショックエネルギーや斜率、さらにエンベロープが補正されて、最適化されるという特徴があります。また、AEDに搭載されたシステムによって毎日自動的にセルフテストを行い、常に安全で利用可能な状態を保つことができます

 

サニクリーンでは誰でも簡単に操作できるようにオムロン社製のAEDを採用しています。また、小型軽量に設計されているだけでなく、耐衝撃性や防水性にも優れており、どのような場面でも使用できるのが特徴です。また、独自技術によって電気ショックの最適化を図り、より多くの人命救助に繋げることができるのが特徴です。

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理者
はじめまして。私は、40代商社勤めのサラリーマンです。以前、勤め先の社内でAEDの処置が必要な急病人に遭遇したことがあります。しかし当時の私はAEDに対する知見がほとんどなく、設置個所や使用方法などが分からず、急病人を目の前にしながら何もできませんでした。その苦い経験から、以前の私のようなAEDに対する知識があまりない人にもAEDについて広く知ってほしいと思い当サイトを立ち上げました。

当サイトでは、数あるAEDリース・レンタル会社の中から、手厚いサポートを受けられる会社や口コミ、評判の良い会社を厳選して紹介しています。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.06.15
従来のAEDのメンテナンスは点検担当を決め、インジケーターを目視で確認していましたがAEDに異常が見られた場合、どこに異常があるのか分からず、修理会社に頼るしかありませんでした。しかし、現在
続きを読む
投稿日 2022.05.15
AEDは傷病者の身体的な負担を軽減し、救助隊に引き継ぐためにとても重要な医療器具です。しかし、AEDを適当な場所に設置しては、第三者が見つけにくく、AEDが上手く活用できていないかもしれませ
続きを読む
投稿日 2022.04.15
AEDは人の命を守る大切な装置です。しかし、導入するにはまとまった費用が必要となります。その費用を一部負担する補助金・助成金の制度があることをご存知でしょうか。金額は費用の1/2程度の補助か
続きを読む
投稿日 2022.03.15
AEDといえば何色を思い浮かべるでしょうか。実はAED本体はメーカーによって様々な色があります。そして、本体とは別に、AEDが設置されていることを示すマークがあり、日本では赤色を基調としたデ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
日ごろ、よく目にするようになったAED。駅や商業施設、イベント会場など、さまざまな場所に設置されています。なかにはご自身での設置をお考えの方も増えてきているのではないでしょうか。AED設置に
続きを読む
投稿日 2022.01.15
ついさっきまで元気だった人が急になくなる突然死は、ほとんど前兆がありません。そのため、事前に突然死が起きる原因や対策方法を知っておく必要があります。また身近な環境で突然死が起きた場合は、AE
続きを読む
投稿日 2021.12.15
AEDは、突然死が起きてから5分以内に用意する必要があります。そのため、事前にAEDがある場所を把握しておくことが大切です。この記事では、AEDが設置されている場所の特徴やAEDを効率よく探
続きを読む
投稿日 2021.11.15
AEDを設置していると、突然死が起きた際でも、スムーズに応急処置ができます。そのため、AEDの設置を考えている方も多いのではないでしょうか。しかしAEDを設置した場合でも、認知されていないと
続きを読む
投稿日 2021.10.15
【詳細】 会社名:日建リース工業株式会社 住所[本社・代表]:〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2丁目7番8号 住友水道橋ビル3階 TEL:03(3295)9111 (大代表) A
続きを読む
投稿日 2021.09.15
【詳細】 会社名:株式会社東部レントオール 店名:救命コム 住所:高知県南国市岡豊町小篭157-1 TEL:050-3795-8018 受付時間:9:00~17:00 休日:土日祝 AEDの
続きを読む