AED導入で評判のAEDリース・レンタル会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

AED講習会とは?講習会に参加していざという時に備えよう

公開日:2024/04/15  最終更新日:2023/12/21

講習会

AED講習会は、心肺停止時に必要なAED(自動体外式除細動器)の使用方法を学ぶ場です。参加することで、緊急時に冷静かつ迅速に対応できるスキルを身につけ、命を救うためのスキルを手に入れられます。心臓の鼓動が停止した瞬間、正しい処置が重要です。この講習で知識と経験を積み、安心して緊急時に備えましょう。

AED講習会とは

AEDは、公共施設や駅などさまざまな場所に設置されています。しかし、使用する機会が少なく、正しい使い方がわからない人が多いのが実情です。AEDを使った一次救命処置は、緊急時において非常に重要であり、正しい知識とスキルを持つことが生命を救う手段です。

また、救急車が現場に到着するまでの平均時間は約8分といわれています。この間に適切な一次救命処置を行うことが、救命率を大きく左右します。そこで、緊急時における心肺蘇生法のひとつである、AEDの使用手順の習得が必要です。AED講習では、迅速な対応が求められる状況でどのようにAEDを使用するかを学ぶことが可能です。

また、胸骨圧迫の正しい手順や基本的な応急手当についても理解を深められます。参加者は動きやすい服装で臨み、座学がある場合には筆記用具が必要です。なお、講習会は定員があり、予約が必要な場合がほとんどです。人気の講習はすぐに埋まることもあるため、早めの予約がおすすめです。

一度講習を受けたことがある人でも、確認として再度参加することで安心感が増し、実践的なスキルの向上にもつながります。このように、AED講習は万が一の事態に備え、自分だけでなく周りの人々の安全を確保するための重要なステップといえるでしょう。

どこで開催されているのか

AED講習会はさまざまな場所で開催されています。以下でAED講習会が行われる主な場所2箇所を紹介します。

消防署

まずは消防署です。消防署では、医療従事者や一般の人を対象に、AEDの使い方や一次救命処置に関する講習を行っています。小学校高学年から受講可能で、地域に在住あるいは在勤、在学している人が対象です。

講習内容は、けがの手当てや応急手当に関する複数のコースがあり、AEDの使い方や心肺蘇生法を学ぶコースには「普通救命講習」があります。講習時間は約3時間が目安です。受講後には救命入門コースの受講証が発行され、開催頻度は1か月に2~3回です。

非営利団体

次に、非営利団体が提供する救命講習もあります。これらの団体はAEDの普及と市民への救命活動の普及を目的としており、AEDの使い方を含む救命講習を行っています。

申し込みは電話やメール、インターネット、往復はがきなどで受付可能です。講習内容は、心肺蘇生やAEDの使用方法、気道異物の除去法の基礎講習があり、初級者向けの基礎講習だけでも十分に役立ちます。毎週実施されることが多く、実施団体によって日程が異なるため、参加を希望する際には各団体に確認が必要です。

これらの講習を通じて、多くの人がAEDの正しい使用方法や一次救命処置のスキルを身につけ、緊急時に的確に対応できるようになります。

講習会に参加しなくても学ぶ方法はある?

講習を予約して実際に受けるのはなかなか難しいものの、AEDの使い方は知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。講習会に参加できない人におすすめの方法を以下で紹介します。

オンライン学習

AEDの重要性や使い方はオンラインでの学習も可能です。講習会の予約や実際の受講が難しい場合でも十分に知識を得ることが可能です。まず、AEDメーカーの公式サイトでは、専門的な情報や使い方の解説が提供されています。公式サイトの活用で、AEDの基本的な操作や一次救命処置に関する理解を深められます。

また、YouTubeなどの動画サイトには、AEDの有識者による解説動画が多くアップロードされており、これらを通じても学習が可能です。オンライン学習は、自分のペースで進められ、忙しいスケジュールに合わせて学ぶことが可能です。

実際にAEDを導入する

さらに、AEDを実際に導入することも効果的です。AEDの導入にはメーカーからのサポートが得られ、一部のメーカーでは24時間コールセンターが設置されています。導入時には使用方法を解説したDVDが同梱されていることがあり、これを通じて実践的な知識を得られます。

また、AEDの導入にはリースやレンタルがおすすめです。初期費用を抑えつつもAEDを利用でき、必要なときに専門家のサポートを受けながら学べます。さらに、リースやレンタルはコスト面でも柔軟性があり、経済的な負担を軽減する一方で、AEDの正しい使い方やケースごとの適切な対応についても学ぶ機会を提供しています。

まとめ

AED講習の重要性や開催場所について紹介しました。講習会の受講方法はさまざまで、個々に合うスケジュールでの参加が可能です。講習会へ参加が難しい場合は、オンライン学習やAEDを実際に導入することをおすすめします。どの方法を選んでも、AEDの正しい知識を身につけ、災害や緊急事態に備えることが大切です。自分や周囲の安全を確保し、心臓停止時に適切な応急手当を行えれば、多くの命が救われる可能性が広がります。身近な方法でAEDの知識を得て、安心して日常に備えましょう。

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理者
はじめまして。私は、40代商社勤めのサラリーマンです。以前、勤め先の社内でAEDの処置が必要な急病人に遭遇したことがあります。しかし当時の私はAEDに対する知見がほとんどなく、設置個所や使用方法などが分からず、急病人を目の前にしながら何もできませんでした。その苦い経験から、以前の私のようなAEDに対する知識があまりない人にもAEDについて広く知ってほしいと思い当サイトを立ち上げました。

当サイトでは、数あるAEDリース・レンタル会社の中から、手厚いサポートを受けられる会社や口コミ、評判の良い会社を厳選して紹介しています。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.05.15
AED(自動体外式除細動器)は命を救う重要なツールですが、使いにくいと感じる人や状況があります。この記事では、AEDを適切に使用できない可能性がある人々や、使用が困難になるシチュエーションに
続きを読む
投稿日 2024.04.15
AED講習会は、心肺停止時に必要なAED(自動体外式除細動器)の使用方法を学ぶ場です。参加することで、緊急時に冷静かつ迅速に対応できるスキルを身につけ、命を救うためのスキルを手に入れられます
続きを読む
投稿日 2024.03.15
AED(自動体外式除細動器)は、心肺停止時に生命を救うために使われるツールです。公共の場や、大勢人が集まる施設にはAEDが設置されています。いざというときのために、AEDの場所を把握しておけ
続きを読む
投稿日 2024.02.15
AED(自動体外式除細動器)は命を救う重要なツールです。心臓の異常リズムに対応し、電気ショックを与えて正常な鼓動に戻します。女性に使う際は、胸部へのパッドの適切な配置と、性別に関わらず迅速な
続きを読む
投稿日 2024.01.15
AED(自動体外式除細動器)は現在、個人でも購入可能ですが、高額なため一般的ではありません。リースやレンタルは、組織や施設において普及しており、費用対効果が高い選択肢です。本記事では、AED
続きを読む
投稿日 2023.12.15
AEDの価格は多岐にわたります。購入、リース、レンタルの選択肢があり、予算やニーズに応じて選ぶことが重要です。購入は所有権が得られますが、リースやレンタルは初期費用が軽減され、定期的なメンテ
続きを読む
投稿日 2023.11.15
AED(自動体外式除細動器)は誰でも簡単に使用できる便利な装置ですが、正しい状況で使うことが肝要です。本記事では、緊急時にAEDを適切に利用すべき場面と避けるべき場面に焦点を当て、その正しい
続きを読む
投稿日 2023.10.15
緊急事態に直面したときに、あなたは適切な対応ができるでしょうか?救命処置の講習を受けた経験があったり、知識として知っていても、自信をもってできるとはいえない方もいるはずです。しかし、いざとい
続きを読む
投稿日 2023.09.15
倒れている人を発見したときに、あなたは対応できるでしょうか?いざというときのあなたの行動が大切な人の命を左右するかも知れません。そのため、万が一に備えて正しい救命方法を知っておくことは重要で
続きを読む
投稿日 2023.08.15
心室細動のような致死性不整脈による心臓突然死によって年間約7.9万人が亡くなっており、これは年齢や性別にかかわらず誰にでも起こりえることです。心室細動を理解し、実際に人が倒れているときに命を
続きを読む