AED導入で評判のAEDリース・レンタル会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

AEDの価格はどのくらい?リースやレンタルについても紹介

公開日:2023/12/15  最終更新日:2023/11/15

AEDの価格は

AEDの価格は多岐にわたります。購入、リース、レンタルの選択肢があり、予算やニーズに応じて選ぶことが重要です。購入は所有権が得られますが、リースやレンタルは初期費用が軽減され、定期的なメンテナンスが含まれるメリットがあります。企業や施設によって最適な選択が異なるため、状況に合わせた柔軟なプランが求められます。

AEDの価格

AED本体の価格は、モデルによって異なりますが、非医療従事者向けのモデルは一般的に20~35万円程度となっています。ランニングコストには、電極パッドとバッテリーの交換費用が含まれます。

これらは期限が来ると交換が必要であり、電極パッドは使い捨てなので開封後も買い替えが必要です。バッテリーの交換費用は約3~4万円、電極パッドは約1万円です。

購入のメリット

AEDを購入することにはいくつかのメリットがあります。まず、所有することでいつでも利用可能で、緊急時に即座に対応できます。リースやレンタルでは制約がある場合がありますが、購入ならば24時間365日対応可能です。

また、購入したAEDは長期的な視点で見ればコスト面でも優れています。リースやレンタルは月々の支払いが発生しますが、一度の購入で済むため、総合的な費用が削減されます。所有者は定期的なメンテナンスやバッテリー、電極パッドの交換を自ら管理でき、適切な保守ができる点も大きな利点です。

AEDのリースやレンタルの価格

AEDのリースやレンタルに関して、月々の費用は4000~8000円程度であることが一般的であり、様々な業者が異なるプランを提供しています。そのため、複数の業者を比較検討することで、最適なプランを見つけることができるでしょう。

その際、月額費用だけでなく、契約期間やサポート体制も確認することが大切です。契約期間の長さやサポートの質は、総合的なコストとサービスを左右します。したがって、選択する際にはこれらの要素を考慮し、自身のニーズに合った適切な業者を選ぶことが重要です。

リースやレンタルのメリット

AEDのリースやレンタルには複数のメリットがあります。まず、通常は初期費用が不要であるため、購入に比べて財政的な負担が軽減されます。これにより、予算の制約がある組織や施設も容易にAEDを導入できるでしょう。

また、リースやレンタル契約では、機器の更新やアップグレードが比較的柔軟におこなえるため、最新の技術や機能を利用し続けることが可能です。

さらに、業者によっては、月額料金に消耗品の交換費用が含まれている場合もあり、予期せぬコストが発生しにくいのもメリットです。また、契約期間中の故障やトラブルに対するサポートが含まれる場合もあり、安心してAEDを導入し、維持することができます。

購入とリースやレンタルどちらがいいのか

心臓停止や突然の心臓発作などの緊急事態において、AEDは数分のうちに命を救う重要な役割を果たします。

しかし、AEDを購入するのかリースやレンタルを選択するかは、様々な要因に依存し、賢明な判断が求められます。ここでは、最適な選択をするためのポイントを紹介します。

財政的視点

AEDの購入は初期費用が発生しますが、一度の支払いで所有権が得られ、長期的に見れば総合的なコストがリースやレンタルよりも低くなる可能性があります。予算に余裕があり、所有権の確保が優先する場合は購入が適しているでしょう。

初期負担の軽減

リースやレンタルは通常初期費用がかからず、月々の支払いをすることでAEDを利用できます。組織や施設にとって初期負担を軽減するため、短期的な財政制約がある場合に選択されることがあります。

技術の最新化

リースやレンタル契約では、新しいモデルや最新の技術にアップグレードする柔軟性があります。継続的な技術革新を受け入れ、AEDの性能を向上させることができるため、最新の医療機器を常に導入したい場合はリースやレンタルが適しているでしょう。

消耗品の管理

購入の場合、消耗品の交換費用は所有者が負担する必要があります。一方、リースやレンタルでは契約によっては月額料金に交換費用が含まれている場合があり、予期せぬ費用が少なくなります。

メンテナンスとサポート

リースやレンタル契約には通常メンテナンスやサポートが含まれており、機器のトラブルや故障に対処する手間が軽減されます。所有者が自らメンテナンスをおこないたくない場合は、リースやレンタルが適しているでしょう。

結論

購入とリースやレンタルの選択は組織や個々のニーズに依存します。所有権の確保や長期的な視点が重要な場合は購入が適していますが、初期負担を軽減し、柔軟な契約条件が求められる場合はリースやレンタルが選択されるでしょう。

最終的な判断には予算、技術の進化への対応、消耗品の管理、メンテナンスの手間などを総合的に考慮することが必要です。

まとめ

AEDの価格とリースやレンタルのコストを比較するには多くの要因を考慮する必要があります。購入は初期投資が必要ですが、所有権を得られます。一方、リースやレンタルは柔軟で初期費用が軽減されますが、継続的な費用がかかります。最終的な選択は組織の予算、ニーズ、長期戦略によります。慎重な検討が必要で、経済的な効果だけでなく、機器の最新性やサポート体制も考慮して選択することが重要です。

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理者
はじめまして。私は、40代商社勤めのサラリーマンです。以前、勤め先の社内でAEDの処置が必要な急病人に遭遇したことがあります。しかし当時の私はAEDに対する知見がほとんどなく、設置個所や使用方法などが分からず、急病人を目の前にしながら何もできませんでした。その苦い経験から、以前の私のようなAEDに対する知識があまりない人にもAEDについて広く知ってほしいと思い当サイトを立ち上げました。

当サイトでは、数あるAEDリース・レンタル会社の中から、手厚いサポートを受けられる会社や口コミ、評判の良い会社を厳選して紹介しています。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.02.15
AED(自動体外式除細動器)は命を救う重要なツールです。心臓の異常リズムに対応し、電気ショックを与えて正常な鼓動に戻します。女性に使う際は、胸部へのパッドの適切な配置と、性別に関わらず迅速な
続きを読む
投稿日 2024.01.15
AED(自動体外式除細動器)は現在、個人でも購入可能ですが、高額なため一般的ではありません。リースやレンタルは、組織や施設において普及しており、費用対効果が高い選択肢です。本記事では、AED
続きを読む
投稿日 2023.12.15
AEDの価格は多岐にわたります。購入、リース、レンタルの選択肢があり、予算やニーズに応じて選ぶことが重要です。購入は所有権が得られますが、リースやレンタルは初期費用が軽減され、定期的なメンテ
続きを読む
投稿日 2023.11.15
AED(自動体外式除細動器)は誰でも簡単に使用できる便利な装置ですが、正しい状況で使うことが肝要です。本記事では、緊急時にAEDを適切に利用すべき場面と避けるべき場面に焦点を当て、その正しい
続きを読む
投稿日 2023.10.15
緊急事態に直面したときに、あなたは適切な対応ができるでしょうか?救命処置の講習を受けた経験があったり、知識として知っていても、自信をもってできるとはいえない方もいるはずです。しかし、いざとい
続きを読む
投稿日 2023.09.15
倒れている人を発見したときに、あなたは対応できるでしょうか?いざというときのあなたの行動が大切な人の命を左右するかも知れません。そのため、万が一に備えて正しい救命方法を知っておくことは重要で
続きを読む
投稿日 2023.08.15
心室細動のような致死性不整脈による心臓突然死によって年間約7.9万人が亡くなっており、これは年齢や性別にかかわらず誰にでも起こりえることです。心室細動を理解し、実際に人が倒れているときに命を
続きを読む
投稿日 2023.07.15
今回の記事では、死戦期呼吸とよばれる、命に関わる危険な状態について解説します。日本では、心臓が原因の心停止は非常に多く、1日に200人前後が心停止で亡くなっています。突然そのような現場に出く
続きを読む
投稿日 2023.06.15
心停止と心静止はどちらも命にかかわる状態ですが、その違いを理解している人は多くないでしょう。それぞれに必要な救命方法が違うため、しっかり頭に入れておかなければ、いざというときに救命活動できま
続きを読む
投稿日 2023.05.15
心停止が発生すると、常に供給されるべき酸素や栄養が止まり、脳障害が起こったり、死亡したりするリスクがあります。AEDを使用すると心停止状態を救命できるので覚えておきましょう。この記事では、心
続きを読む