AED導入で評判のAEDリース・レンタル会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

家庭にもAEDは必要?自宅に家庭用AEDを導入するときのポイント

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/12/23

AED

駅などでよく見かけるAEDは、公共の場所に設置するものと考えている方も多いはずです。しかし、実際には自宅にも家庭用AEDを設置できるのです。なぜ自宅にAEDを設置するのか疑問に思った方もいるでしょう。今回の記事では、なぜ一般家庭にもAEDは必要なのか解説します。また、自宅に家庭用AEDを導入するときのポイントについて紹介しましょう。

家庭にもAEDを設置できる

AEDを設置すべきなのは、駅や学校などの公共の場所だけではありません。いまでは自宅にAEDを設置している家庭もあります。まずは家庭用AEDとはどんなものか解説しましょう

家庭用AEDとは

AEDとは、自動体外式除細動器とよばれる医療機器です。突然、心臓の動きがとまる心停止が起きたとき、救急車が到着するまでの救命措置としてAEDが使われています。2004年から一般の方でもAEDが使用できるようになりました。AEDの購入や設置について資格は必要ありません。

一般企業のオフィスなどでもAEDの設置が広まりつつあり、いまでは家庭用AEDが販売されています。持ち運びやすい重さとサイズで、簡単に操作できるタイプもあります。販売会社によりますが、使い方のDVDがセットになっている商品や、使い方を講習してくれる場合もあります。

家庭用AEDの商品が増えている

最近ではネットや量販店でも家庭用AEDの取り扱いされるようになりました。AEDメーカーの販売代理店などでも購入できます。購入前には、アフターケアについても確認することをおすすめします。AEDの使い方がまったくわからない方も少なくないでしょう。

AEDは日本語で音声ガイダンスしてくれるので、初めての方でもガイダンスに従って落ちついて操作できるはずです。AEDの使用が必要かどうかも教えてくれます。AEDは心停止した方の身体にパッドを装着して電気ショックを与えます。子ども用のパッドもあるので、1歳以上の子どもであれば使用できます。

一般家庭にもAEDを設置すべき理由

なぜ一般家庭でもAEDを設置した方がよいのでしょうか。日本は高齢化社会が進んでいるといわれています。しかし、心停止は年齢や性別を問わずだれにでも起こりえるものです。実際に自宅で心停止する場合が過半数という調査もあるほどです。

もしも突然、人が心肺停止した場合は、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。しかし、心停止から1分経過するごとに、救命率は7~10%下がるといわれています。さらに、幸い命が助かった場合でも、脳機能が損失する恐れもあります。

ですから救急車が到着するまでのわずか数分間でも、一刻も早い応急措置が重要なのです。そこで家庭用AEDの設置が注目されています。万が一に備えて、一般家庭でもAEDを設置しておくのは不思議なことではなりません。

家庭用AEDを設置するときのポイント

家庭用AEDの必要性について紹介しましたが、実際に設置するときのポイントがあります。ここでは、家庭用AEDの選び方やメンテナンス方法について解説しましょう。

低価格でも問題ない

さまざまな商品が販売されていますが、家庭用として使うので低価格のタイプを選んでも問題ありません。AEDは一度購入したらずっと使い続けられるわけではなく、耐用年数があります。耐用年数についても確認しておきましょう。

また、AEDはバッテリーやパッドなどを定期的に交換する必要がありますが、メーカー保証期間内であればバッテリー交換は不要な商品も販売されています。交換費用などの維持費が安いタイプを選ぶのがよいでしょう。軽量タイプや、壊れにくく丈夫な防水・防塵機能つきのAEDもあります。

しかし、家庭内で使用するだけで持ち運びする予定がないのであれば、軽量タイプでなくても構いません。防水・防塵機能も、なくても問題ないはずです。

操作がわかりやすい

家庭用なので、操作しやすいものが一番おすすめです。人が突然、心停止して倒れたときは、だれもが慌ててしまうでしょう。そんなときでも、使いやすいAEDが一番安心です。エラー表示やバッテリー残量が一目でわかるタイプを選びましょう。

また、頻繁にメンテナンスが必要なものは不便なので、基本的なメンテナンスが楽なタイプがおすすめです。バッテリーの寿命が長いなど、メンテナンスする手間が少ないタイプが扱いやすいでしょう。オプションとして、日本語の音声ガイダンスを外国語にできるタイプもあります。購入前後にAEDの訓練機をレンタルしている会社もあるので、使用感を確かめられるでしょう。

成人モードと小児モードがある

6歳までのこどもには、大人と同じ電気ショックを与えられません。小児用モードに切り替える必要があります。小さなお子さんがいる家庭は、成人モードと小児モードの切り替え機能があるAEDがぴったりでしょう。

まとめ

今回は家庭にもAEDは必要なのか、そして自宅に家庭用AEDを導入するときのポイントについて解説しました。年配者だけでなく、だれもがいつ心停止になるかわわかりません。もしも家族が倒れたとき、すぐに対処できるように家庭用AEDを自宅に設置する必要があります。操作しやすくメンテナンスしやすいタイプも販売されているので、今後AEDを設置する家庭は増えていくでしょう。

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理者
はじめまして。私は、40代商社勤めのサラリーマンです。以前、勤め先の社内でAEDの処置が必要な急病人に遭遇したことがあります。しかし当時の私はAEDに対する知見がほとんどなく、設置個所や使用方法などが分からず、急病人を目の前にしながら何もできませんでした。その苦い経験から、以前の私のようなAEDに対する知識があまりない人にもAEDについて広く知ってほしいと思い当サイトを立ち上げました。

当サイトでは、数あるAEDリース・レンタル会社の中から、手厚いサポートを受けられる会社や口コミ、評判の良い会社を厳選して紹介しています。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.04.15
AED講習会は、心肺停止時に必要なAED(自動体外式除細動器)の使用方法を学ぶ場です。参加することで、緊急時に冷静かつ迅速に対応できるスキルを身につけ、命を救うためのスキルを手に入れられます
続きを読む
投稿日 2024.03.15
AED(自動体外式除細動器)は、心肺停止時に生命を救うために使われるツールです。公共の場や、大勢人が集まる施設にはAEDが設置されています。いざというときのために、AEDの場所を把握しておけ
続きを読む
投稿日 2024.02.15
AED(自動体外式除細動器)は命を救う重要なツールです。心臓の異常リズムに対応し、電気ショックを与えて正常な鼓動に戻します。女性に使う際は、胸部へのパッドの適切な配置と、性別に関わらず迅速な
続きを読む
投稿日 2024.01.15
AED(自動体外式除細動器)は現在、個人でも購入可能ですが、高額なため一般的ではありません。リースやレンタルは、組織や施設において普及しており、費用対効果が高い選択肢です。本記事では、AED
続きを読む
投稿日 2023.12.15
AEDの価格は多岐にわたります。購入、リース、レンタルの選択肢があり、予算やニーズに応じて選ぶことが重要です。購入は所有権が得られますが、リースやレンタルは初期費用が軽減され、定期的なメンテ
続きを読む
投稿日 2023.11.15
AED(自動体外式除細動器)は誰でも簡単に使用できる便利な装置ですが、正しい状況で使うことが肝要です。本記事では、緊急時にAEDを適切に利用すべき場面と避けるべき場面に焦点を当て、その正しい
続きを読む
投稿日 2023.10.15
緊急事態に直面したときに、あなたは適切な対応ができるでしょうか?救命処置の講習を受けた経験があったり、知識として知っていても、自信をもってできるとはいえない方もいるはずです。しかし、いざとい
続きを読む
投稿日 2023.09.15
倒れている人を発見したときに、あなたは対応できるでしょうか?いざというときのあなたの行動が大切な人の命を左右するかも知れません。そのため、万が一に備えて正しい救命方法を知っておくことは重要で
続きを読む
投稿日 2023.08.15
心室細動のような致死性不整脈による心臓突然死によって年間約7.9万人が亡くなっており、これは年齢や性別にかかわらず誰にでも起こりえることです。心室細動を理解し、実際に人が倒れているときに命を
続きを読む
投稿日 2023.07.15
今回の記事では、死戦期呼吸とよばれる、命に関わる危険な状態について解説します。日本では、心臓が原因の心停止は非常に多く、1日に200人前後が心停止で亡くなっています。突然そのような現場に出く
続きを読む