AED導入で評判のAEDリース・レンタル会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

AEDの電極パッドを貼る正しい位置とは?逆になっても大丈夫?

公開日:2023/01/15  最終更新日:2023/01/06


AEDの電極パッドは、心臓と肺が停止したときに状態を解析して、電気ショックを実行する大切な役割を担っています。しかし、2枚セットになっているため、どの位置に貼るのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、電極パッドを貼る正しい位置やAEDを使用するときの流れをご紹介します。

AEDの電極パッドは右前胸部と左側胸部に貼る

2枚の電極パッドは、どこに貼るのかが決まっています。ひとつは右前胸部、もうひとつは左側胸部です。右前胸部は、右の鎖骨下かつ胸骨の右部分です。そして、左側胸部は脇下から5~8cm下を目安にします。なぜこのように細かく決まっているのかというと、心電図が計測できるからです。この位置でないと、計測できないわけではありませんが、一番計測しやすい位置になります。

素肌に貼る

電極パッドは、必ず素肌に貼ります。急いでいるとはいえ、服の上から貼っても意味がありません。まずは、素肌に貼れる状態をつくり、肌と電極パッドがしっかり密着するようにしましょう。また、貴金属類も要注意です。貴金属が挟まりそうなときは、挟まらないところに移動するか外しておきましょう。

また、一般的には服を脱がすように指導しますが、女性の場合は対応が異なります。下着をずらす程度で貼れるのであれば、まったく問題ありません。ただし、緊急時とはいえ、服を脱がされた状態や下着をずらした状態は女性にとって大変ショックを受けます。できる限り、肌の露出をさけ、隠せるものがあれば活用しましょう。

表示に従って貼る

正しい貼り位置は、電極パッドの表面に表示されています。表示を見ると貼る位置が分かりやすくなっており、電極パッド自体も色分けしているので安心です。AEDの電源を入れると、音声ガイダンスで使い方を教えてもらえますが、聴き洩らした場合は落ち着いて絵を確認しましょう。ただし、身体の小さい子どもの場合は、大人と同じ貼り方ができないかもしれません。万が一、身体が小さく同じ状態にできないときは、心臓が中心になるように胸と背中に電極パッドを貼りましょう。

右前胸部と左側胸部を逆に貼ってしまった

救命処置は、急いで行う必要があるため、どうしても慌ててしまうと思います。右前胸部と左側胸部を逆に間違えたといったミスも起こるかもしれません。万が一、このようなミスをした場合は、慌てないようにしましょう。仮に逆に貼ったとしても、救命処置に影響はないので大丈夫です。

逆に貼った場合の影響

逆に貼った場合は、心電図の見方が変わります。そもそも心電図は、微弱な電気信号を波形にするものです。逆に貼っても心電図は問題なく映りますが、波形も逆になると覚えておきましょう。万が一、貼り間違えても影響が分かっていれば問題ありません。

AEDを使用する流れ。落ち着いて使用すれば大丈夫

AEDを使用するときは、落ち着いて手順とおりに行いましょう。手順は音声ガイダンスでも流れますが、事前に知っておくとさらに落ち着いて使えます。

電源ON

AEDの電源をONにします。一般的には、ボタンを押すといったイメージかもしれませんが、機種による電源ONの方法が違うので気をつけましょう。電源ONの方法は、おもにボタン式、レバー式、蓋の開閉式の3種類です。

倒れている方の状態を診る

倒れている方が今どのような状態なのかを確認します。状況によっては、電源ONの前がいいかもしれません。確認しておきたいのは、意識があるか、呼吸しているかです。まずは、倒れている方に声をかけてみましょう。返答や反応がない場合は、軽くたたき、それでも返答や反応がない場合は少し強くたたいて確かめます。

電極パッドの準備

意識と呼吸が確認できない場合は、すみやかAEDを用意します。AED内の電極パッドを取り出し、素肌に貼りつけましょう。前述のとおり、ひとつは右前胸部(右の鎖骨下かつ胸骨の右部分)もうひとつは左側胸部(脇下から5~8cm下を目安)です。

電気ショック

電極パッドを貼りつけたら、電気ショックを行います。ただし、すぐに行うわけではありません。電極パッドを所定の位置に貼り、心電図の解析後に電気ショックを促す音声ガイダンスが流れます。その後、充電をはじめ、電気ショック開始の音声ガイダンスが流れたらボタンを押しましょう。もし、電気ショックは必要ありませんと説明された場合は不要です。また、電気ショックを行うときは、対象者に誰かが触っていないことを必ず確認しましょう。

蘇生

電気ショックの後は、蘇生処置です。電気ショック後に、音声にて心肺蘇生の指示があります。貼りつけた電極パッドはそのままに胸骨圧迫や人工呼吸をすみやかに行いましょう。万が一、心肺の蘇生処置後に改善が見られない場合は、同じ流れを繰り返します。仮に、電気ショックは必要ありませんと指示されても、意識と呼吸が確認できないときは、胸骨圧迫や人工呼吸は続けないといけません。

まとめ

AEDの電極パッドの貼る位置は、右前胸部にひとつ、左側胸部にひとつと決まっています。かりに、貼り方を忘れても電極パッドの表示や音声ガイダンスで確認可能です。また、ふたつの電極パッドを逆に貼っても心電図の波長も同じく逆さになるだけなので問題ありません。はじめて救命処置するときは、焦るはずです。いざというときのためにも、電極パッドの貼る位置やAEDの正しい使い方の流れをしっかり把握しておきましょう。

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理者
はじめまして。私は、40代商社勤めのサラリーマンです。以前、勤め先の社内でAEDの処置が必要な急病人に遭遇したことがあります。しかし当時の私はAEDに対する知見がほとんどなく、設置個所や使用方法などが分からず、急病人を目の前にしながら何もできませんでした。その苦い経験から、以前の私のようなAEDに対する知識があまりない人にもAEDについて広く知ってほしいと思い当サイトを立ち上げました。

当サイトでは、数あるAEDリース・レンタル会社の中から、手厚いサポートを受けられる会社や口コミ、評判の良い会社を厳選して紹介しています。独自に調査した情報をもとに作成していますので、比較・検討の材料にぜひご活用ください。

SEARCH

新着記事

投稿日 2023.01.15
AEDの電極パッドは、心臓と肺が停止したときに状態を解析して、電気ショックを実行する大切な役割を担っています。しかし、2枚セットになっているため、どの位置に貼るのか分からないという方も多いの
続きを読む
投稿日 2022.12.15
駅などでよく見かけるAEDは、公共の場所に設置するものと考えている方も多いはずです。しかし、実際には自宅にも家庭用AEDを設置できるのです。なぜ自宅にAEDを設置するのか疑問に思った方もいる
続きを読む
投稿日 2022.11.15
AEDは突然心停止が起きた人に対して、電気振動を与えることによって、心臓の活動を正常に戻すために使用される機器です。医療従事者だけでなく、一般人も利用できる機器として、ショッピングモールやス
続きを読む
投稿日 2022.10.15
心肺蘇生やAEDの講習は、誰もが一度は受けたことがあるのではないでしょうか?しかし講習の内容を完璧に覚えている方は少なく、いざ人が倒れたときに行動できないのが現状です。そこで今回は心肺蘇生法
続きを読む
投稿日 2022.09.15
人の命を救うことができるAEDですが、公共施設や商業施設で見たことがある方も多いでしょう。そんなAEDですが、実はマンションにも設置した方がよいとされています。そこで今回は、AEDをマンショ
続きを読む
投稿日 2022.08.15
突然の心停止にも対応できるAEDは、医療従事者だけでなく一般の人でも使える医療機器として、医療機関のみならず会社や公共施設など街のあらゆる場所に設置されるようになりました。そこで、今回はAE
続きを読む
投稿日 2022.07.15
「AEDを契約したいけどリースとレンタルってどう違うの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。この記事では、AEDをリースするメリット・デメリット、レンタルとの主な相違点について詳しく解
続きを読む
投稿日 2022.06.15
従来のAEDのメンテナンスは点検担当を決め、インジケーターを目視で確認していましたがAEDに異常が見られた場合、どこに異常があるのか分からず、修理会社に頼るしかありませんでした。しかし、現在
続きを読む
投稿日 2022.05.15
AEDは傷病者の身体的な負担を軽減し、救助隊に引き継ぐためにとても重要な医療器具です。しかし、AEDを適当な場所に設置しては、第三者が見つけにくく、AEDが上手く活用できていないかもしれませ
続きを読む
投稿日 2022.04.15
AEDは人の命を守る大切な装置です。しかし、導入するにはまとまった費用が必要となります。その費用を一部負担する補助金・助成金の制度があることをご存知でしょうか。金額は費用の1/2程度の補助か
続きを読む